FANDOM


WatermarkTextBoxはExtended WPF Toolkitが提供するコンポーネントの1つです。

Watermark部分はContentsTemplateを受け取ることができるため、画像や任意の書式を設定したTextBlockなどを使ってWatermarkTextを表示できます。

主な使い方 編集

<Window x:Class="WartermarkTextBox.MainWindow"
        xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
        xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
		xmlns:extToolkit="clr-namespace:Xceed.Wpf.Toolkit;assembly=WPFToolkit.Extended"
        Title="MainWindow" Height="350" Width="525">
    <Grid>
		<Grid.ColumnDefinitions>
			<ColumnDefinition Width="410*" />
			<ColumnDefinition Width="93*" />
		</Grid.ColumnDefinitions>
		<extToolkit:WatermarkTextBox Watermark="日本語もいけるのかな?" Height="27" Width="300" />
		<Button Content="Button" Grid.Column="1" Height="23" HorizontalAlignment="Center" Name="button1" VerticalAlignment="Center" Width="75" />
	</Grid>
</Window>

参照 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki